FC2ブログ

☆手間のかかるパ二ともずく☆


パ二は生まれつき異所性尿管で、手術 をしたけれど

括約筋も生まれつき弱いらしく、尿漏れは治らず・・・

今でも、朝晩の内服薬は欠かせません。

それでも、完全に尿漏れが止まるわけではなく

陰部は常に濡れていて、ただれたようになっているので

一部分だけのシャンプーは欠かせません。

パ二
こんな格好でくつろいでいるパ二ですが、尿道口とかは汚いです(汗)


娘のもずくは肛門絞りをしょっちゅうしているにもかかわらず

時々、肛門から臭いにおいがするらしいです。

もずく
先週も耳のついでに肛門絞りもお願いしたのですが

たまってない。と先生に言われてたのに・・・

それにアレルギーから、便がゆるくなったり、お腹が黒ずんだり

耳の中が固くなったりと・・・大変です。

パ二といい、もずくといい、手間がかかります。

もずく→パ二
娘がパ二ともずくのシャンプーをしました。

こうして見ると、大きさは変わらないみたいですが

もずく→パ二
こうして見ると、ずいぶん大きさがちがいます。

それはもずくが胴長だと娘は言います(笑)

でも胴長で負けてないのは、なんていっても doux です(爆)

doux
これはきたころの写真ですが、胴長は変わってません(笑)

doux は悪徳ブリーダーの繁殖犬だったので

胴長の方が子どもをたくさん産めるからだと

ある人に聞きましたが、ほんとうにそうなんでしょうか?

この写真を見ても分かるように doux は今でも頑固でマイペースです。


最後にパ二ともずくの引っ張りあいの動画をどうぞ~!

ここでも doux はマイペースです。






今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
最後に(ひろば)と(ブログ村)ポチッとしてくださると嬉しいです。
ひろば ブログ村
スポンサーサイト



☆ doux ・パ二・・・時々もずく・・・☆


フレンチブルドッグが欲しくて、パオを飼ったのが21年前。

その頃は今ほど、フレンチブルドッグを見かけなかったです。

その8年後にある事情で葵を飼うことになり

詳しくは ここ と ここ

その4年後に doux を引き取る決心をし ここ

パオが亡くなって・・・パオに似た子が欲しくなり・・・

パ二がきたのが6年前 ここ

doux とパ二
doux とパ二は仲が悪いわけではないのに

何故か?一緒に写ってる写真がほとんどありません。


パオ・葵・ doux ・パ二とフレンチブルドッグは4頭飼ったわけですが

今は doux とパ二になってしまいました・・・

もちろん、パオとパ二は会ったことはありません。

パオが亡くなって、8か月後にパ二が生まれてたわけで

うちにきたのはそれから2か月ちょっとしてからでした。


パ二はパオより葵に似てます。

パ二→葵
左がパ二で右が葵。  そっくりではないですがよく似てます。


葵→パオ
左が葵で右がパオ。  同じクリームでも似てなかったです。


doux は全く別の顔をしてます。

doux
昨日、長女が 「 doux ちゃん、可愛いなぁ~きたときは変な顔で

ちっとも可愛くなかったのに~!」 と言いましたが

ほんとうにそう思いますね。下の写真を見ても一目瞭然ですよね。

3月12日の doux
初めて会ったときの doux


この4月からパグのもずくを娘が飼ったので

doux パ二 そして時々(最近はちょっちゅう)もずくです。

doux  パ二  もずく



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
最後に(ひろば)と(ブログ村)ポチッとしてくださると嬉しいです。
ひろば ブログ村

☆葵が亡くなって約20日☆


葵が亡くなって、早いもので20日ほどが過ぎました。

やはりさみしさは募ります・・・

13年ほどの年月のいろいろな出来事を思い出します。

今までのブログを読み返して、懐かしんでいます。

小さいときはやんちゃだったけど

いつの間にか大人しくお利口さんでやりやすい子になっていました。

葵
8月14日の葵

何故か・・・葵が左眼眼球摘出手術してから

よけいに可愛くなって、今まで以上に別嬪さんになった気がします。



葵の調子が良かったので旅行に行ってたときに

長女が様子を見に来てくれて動画を撮ってくれました。

葵
9月5日の葵

春過ぎから、顔が痩せてきた葵だったので

この写真は痩せて写ってないので、好きな写真です。

葵
9月8日の葵

おむつは必須になってきましたが、おむつ姿が可愛かったなぁ~

葵
9月15日の葵

亡くなる2日前まで食欲があった葵

いろいろ美味しいものを食べさせてあげたけど

結局はドッグフードや缶詰が好きだったかな?

ヤギミルクやプリンも大好きだった葵

葵
9月16日の葵

免疫力が下がってたのか、皮膚が赤くただれたり

鼻水もよく出て、抗生剤が欠かせなかった葵

葵
9月20日の葵



暑い間は散歩を控えてたけど、少し涼しくなってからは

散歩にも行きました。この次の23日が最後の散歩になったけど。



葵とパ二
2019年10月1日の葵(お分かりでしょうが左が葵)

この時はまだ脳腫瘍とは分からず・・・

まさか!このちょうど一年後に葵が亡くなるなんて・・・



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
最後に(ひろば)と(ブログ村)ポチッとしてくださると嬉しいです。
ひろば ブログ村

☆ケニア・マサイマラ旅行記②☆


毎日、ヌーやシマウマがマラ川を渡るのを

今か今かと待つことは決して飽きることがなく楽しみでした。

朝早くから日が暮れるまで、ただひたすら川渡りを見守る。



川の中ではカバが邪魔をし

ワニがヌーやシマウマを捕食しようと待ち構え

渡った先にはライオンなどの肉食獣が待ち構えている。



ヌーやシマウマが躊躇するのが分かる気がしました。

崖が急で骨折するという危険もあります。



ヌーの大移動(1600km)のうち、川渡りはほんの一部ですが

いちばんの難関であり、命を落とすことが多いのです。



移動するヌーの数は150万頭以上。

シマウマを合わせると200万頭以上だそうです。



3日間でヌーの川渡りを10回以上は見ました。

前年のツアーは2回とも全く見れなったそうでラッキーでした。


ただ・・・もうヌーは見飽きたという感じにはなりました。

ヌーとシマウマの川渡りは堪能しました。


アカシアの木と夕陽
毎日、サファリの帰りに見る夕陽はとてもきれいでした。

サバンナのアカシアの木と夕陽は絵になりますね。


川渡りのクロッシングポイントがあるマラ川が流れるマサイマラをあとに

マサイマラのタレック川が流れるタレック地区へと移動しました。

ここでも ティピクリワニ というキャンプ式のホテルに3泊しました。

前回ケニアを訪れたときは、アンボセリ国立公園・ナクル湖

マサイマラでした。 それもタレック地区!

ここには世界でいちばん有名な5頭のチーターがいるのです。

5頭のチーター
何故?有名かというと、兄弟でもなく全く親の違う5頭のチーターが

群れを作って、一緒に狩りをして暮らしているからです。

NHK のBS でも放送されたそうですが、見逃しました。

5頭のチーター
前回も見たのですが、みんな元気で安心しました。

チーターは肉食獣の中でも、ライオン、ハイエナ、豹とかにも負けるし

折角苦労して獲った獲物もよく横取りされます。

2秒で70m以上のスピードが出せるかわりに、他のビッグキャットより

体形がスリムで闘いとかには向いてなく、弱いのがチーターです。

チーター
ビッグキャット(ライオン・豹・ジャガー・虎・ピューマ

チーターなど)の中でわたしはチーターがいちばん好きです。



ジャガー(南米)、ピューマ(北米)、虎(アジア)は

アフリカにはいません。


ライオン
もちろんライオンもたくさんいました。






朝食
草原での朝食も格別です。

朝食の一部
ホテルが用意してくれた、マッシュルーム・ウインナ・ベーコン・豆

これ以外に、パン、ゆで卵、コーヒー、果物、ヨーグルトなど・・・


そして今回は初めて地面にいる豹が見れました!



豹
豹はとても臆病で常に木の上に身を隠しています。

もっとも夜行性ですから、昼間は木の上で寝てることが多いですが。





夕暮れの中のキリン
こんな素敵な夕暮れが見れるのもアフリカならではです。



アフリカにはまってしまったわたしはこの5月1日から

タンザニアツアーに申し込んでいましたがコロナで中止。

このツアーはサファリで野生動物を見るだけでなく

野生動物の保護活動をしてるチームの人達や

ハイエナの研究チームの人達の話も聞けるツアーで

とても楽しみにしていましたが残念です。

おまけに添乗員がタンザニアに住んでる日本人と

タンザニアに20年住んでた日本人の二人だったので

それも楽しみだったのに・・・

次にアフリカへ行けるのはいつになるのでしょうか?



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
最後に(ひろば)と(ブログ村)ポチッとしてくださると嬉しいです。
ひろば ブログ村

☆ケニア・マサイマラ旅行記①☆


今日はフレブルとは全く関係のないブログです。

興味のある方はご覧ください。


昨年8月末にアフリカのケニアにヌーの大移動を見にいった

『 アフリカ=野生動物が大好き 』 なブログです。

特にヌーが好きなわけではなく、ヌーに群がる肉食獣が好きなんです。

残酷に思えるかもしれませんが、彼らにとっては生きるために

必死で狩りをしているのです。

大地溝帯
ケニアは2度目です。左は千葉から右は大阪から参加。

知らない人ばかり女性3人、男性3人のツアーでした。

大地溝帯をバックに記念写真。
  ↓
【 アフリカ大陸を南北に縦断する巨大な谷で

幅35~100㎞、総延長は7、000㎞にのぼる。】 そうです。


ナイロビで一泊してから、車で7~8時間かかるマサイマラ国立保護区へ

マサイマラはケニアの南西にあり

タンザニアのセレンゲティ国立公園と接している。


バッファロー
バッファロー(アフリカ水牛)

シマウマ
シマウマ  しま模様は人間の指紋のようにそれぞれ違います。

マサイキリン
マサイキリン 

キリンは4種といわれています。

アミメキリン・マサイキリン・キタキリン・ミナミキリン。

ロスチャイルドキリン(ウガンダキリン)は絶滅しかけたが

今は回復して、ウガンダ、スーダン南部、ケニア西部に生息。

前回、ケニアのナクル湖で見たことがあります。

アフリカ象
アフリカ象

雄ライオン
雄ライオン。  たてがみの感じからまだ若い雄ライオン。

雌ライオン
ヌーを食べてる雌ライオン。

動画もありますが、ここではグロテスクなので割愛します。


いろんな野生動物を見ながら

2泊目の マラセレナロッジ に着きました。

ここで3泊して、ヌーの大移動の川渡りを見ました。


ヌーの川渡りを見る前に面白い光景を見ました。

雌ライオン
ヌーを食べて?お腹いっぱいで寝ている雌ライオン。

ハイエナ
ライオンも数頭いましたが、ハイエナも数頭いました。

すると・・・1頭のハイエナがライオンの様子を見に・・・


ガイドさんに聞くと、こんなことは珍しいことだそうです。

動画には撮れなかったですが、ライオンが 「 ガウ~」 と吠え

ハイエナは驚いて退散しました。



ヌーの川渡りはすぐに渡るのかと思っていましたが

なかなか渡らず、シマウマとヌーが相談してるようでした。
ランチ
大草原の中でランチボックスでの昼食は最高です。

ヌーが川渡りしそうだという情報が入り、急いで川岸へ。


二か所でマラ川を渡るヌーとシマウマを見ました。




長くなりますので、今日はこの辺で・・・


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
最後に(ひろば)と(ブログ村)ポチッとしてくださると嬉しいです。
ひろば ブログ村