fc2ブログ

☆肺高血圧症の寿命☆


いろいろネットで調べると暗い気持ちになります・・・

肺高血圧症とは様々な要因によって
心臓から肺に血液を送る血管(肺動脈)の圧力(血圧)が
高くなる病気です。肺動脈の血圧が高くなると
血液の流れが悪くなり心不全をおこします。

特に重度肺高血圧症を呈する犬の予後は注意しなくてはいけない。
内科的治療に一時的に反応したようにみえても
診断後数日から数か月で亡くなってしまう例があります。
その一方で1~2年生存する例もあります。

安静を維持し、早期に診断して適切な内科的治療を
行うことが重要になります。


doux は重度の肺高血圧症。

心不全で亡くなる?! それも数日から数か月で?!

そんなことは信じられないし、信じたくない・・・

1~2年は生存することもあり得るんだと信じたい・・・

doux が今何歳かが分からないけど、12歳~14歳くらいだとしたら

フレブルとしての寿命くらい生きられることになる。

ほんとうは、もっともっと長生きしてほしいけど・・・

そして、もしかしたらもっと長生きできるかも?と信じたい・・・



doux
今日の散歩の doux  元気いっぱいでした!



どうして・・・もっと早くに気づいてあげられなかったのか・・・

症状としては
*咳をする *呼吸が浅く早い *疲れやすい *運動を嫌がる
*お腹が膨らんできた *失神することがある


確かに時々疲れたようなことはありましたが

夏は暑いからだろう。坂道だからだろう。足の手術してるからだろう。

って思い、気にしてなかったかもしれません。

散歩の往復はカートだったし、歩くのを嫌がったらカートに乗せたし。

昨年10月から葵のことがいろいろあったから

doux は元気だと思い込み

18日の散歩から帰って家で失神するまで気づかなかったことを

今さらながら悔やんでいます。



こんなに元気に走ってることも多かったので気づきませんでした。


3ブヒ
もずくだけがこっちを見ていますね。

今日は昨日よりは寒かったですが、まだまだ暖かいです。

3ブヒ
家に帰るとそれぞれにベッドへ~!

ベッドはふたつしかないので、doux とパ二が仲良く一緒に~!

doux とパ二
こういうのは珍しいことです。

doux
下にこたつを入れて暖かくしています。

あまり動かないので、上にかけてるブランケットも意外とそのままです。


doux ~肺高血圧症なんかに負けず

う~んと長生きするんだよ!



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
最後に(ひろば)と(ブログ村)ポチッとしてくださると嬉しいです。
ひろば ブログ村