fc2ブログ

電話はあったけど


昨日の夕方、京都動物医療センター から電話がありましたが

CT画像診断は4日の木曜日以降になると。

CTを撮った時点では一週間後くらいにはわかると聞いていたのに。



なんか気が抜けたみたいな気分だったのが、今朝9時半ごろに電話があり

CT画像診断が出来上がったのでひとみ動物病院に行ってください。と。

10時からのアトリエをキャンセルして、病院を予約して行きました。


報告書

CT検査報告書は難しく、分かりにくかったですが

コメントの最初に

脾臓腫瘤に関しては髄外造血や結節性過形成など良性病変

第一に疑いますが、リンパ腫や肉腫などの悪性腫瘍の関与は完全に

否定できません。まずは細胞診や病理検査の実施をお勧めします。



主治医に良性ですか?と聞いても、分かりません。との返事でしたが。

きっと、きっと良性だと信じ、そう祈ります。


血液検査

一週間後の手術前の血液検査をしました。

院内で調べられる検査はほぼ問題なかったのですが


バベシア症の検査は院外に出さないと分からないので4~5日後に

分かるそうです。もしバベシア症なら脾臓の手術は出来ないそうです。


バベシア症とは・・・マダニの吸血によってバベシアという原虫が

犬の赤血球内に寄生することで生じる感染症。

年中、ノミダニの内服薬は飲んでいるのですが。


パ二

バベシア症でなければ、11月8日(月)の11時半までに

絶食・絶飲で病院へ連れていき、午後に手術で一泊で帰れるそうです。


CT検査の画像診断で、もう少し詳しく、分かりやすく

判明するかと思っていたのですが、でも良性のような気がしてきました。

そうであって欲しいと心から願い、心を空っぽにして神に祈ります。




今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
最後に(ひろば)と(ブログ村)ポチッとしてくださると嬉しいです。
ひろば ブログ村