☆パオの今の状態☆


以前 仕事をしてるとき、有名な方の講演の中で 『 死 』 について

こんなことを聞いたことがあります。

ー 死ぬとは、例えば今みんなで楽しく雑談してたとして

その部屋のドアを開けて、たったひとりで隣の部屋に行くようなもの。

その隣の部屋とは、何も聞こえず見えず感じない真っ暗闇の世界である ー


パオはまさに今、真っ暗闇の 『 無 』 の世界にいると思います。

悲しいかな 虹の橋も天国もないと思います。

ただひたすら眠りつづけています。永遠の眠りです。

いつか生まれ変わったら、必ず私の目にとまり

きっときっと 巡り会えることだけでも信じたい・・・


もし・・・虹の橋があるならば・・・

私は迷わず、死を選ぶでしょう・・・

だって・・・そうすれば愛しいパオに会えるのですから・・・


ひろば ブログ村   
スポンサーサイト