☆忘れることができたら・・・☆


毎日、毎日、何をしてても眠ってる以外は

パオのことばかり考えています。

夜中に目覚めても、パオのことを考えると眠れません。

いっそうパオのことすべてを忘れることができたら

どんなに楽か・・・とさえ思います。

パオ
パオがまだいなかった日々に戻れたら・・・

こんなにお別れが苦しいなら、パオを迎えてなかったかも・・・

いろんな友だちがパオが生存中に言いました。

「 パオちゃんはパオママのとこにいなかったら、これほど長生きしてないね。」 と。

ほんとうにそうだったかも知れません。

特に8歳5か月からのパオの度重なる手術や病気に対して

私は最善の努力を惜しみませんでした。

先月の14回目の家族記念日までは、一切 後悔はありません。

なのに・・・

最後の最後に・・・判断を誤ってしまった・・・

このことが、いつまでも私を苦しめるのです・・・

あの日、連れて帰ってたら・・・

パオは今も食欲旺盛で元気だったに違いないと思うのです。

帰りの車中のパオ
パオ~ほんとうにごめんね・・・

パオはもっと生きられたはずなのに・・・

パオ~会いたい・・・


ひろば      ブログ村
スポンサーサイト