☆ブログの中で生きつづけるパオ☆


パオが神さまの許に召されてから、ブログはパオのことばかりです。

でもパオのことを考えながらブログを書いてると

パオが生きてる錯覚に陥るのです。


今も iPhone の待ち受け画面にしているパオの写真


ほんとうなら・・・先月くらいに白内障の進行状態を調べるために

眼科専門の病院へ行ってたはずでした。

点眼薬の使いさしもまだ捨てられずに冷蔵庫に入ったままです。

新しい点眼薬も2本ももちろん捨てられません。

日課だった一日3回の点眼とネブライザーをしなくなって2カ月以上が経ちました。




この7月16日に眼科専門病院でのパオ


待ちくたびれて寝てしまったパオ


上から見るとまん丸でした。


あれから5カ月が経ったことになります。

このとき先生に13歳超えのフレブルはめずらしいと言われました。

翌月に無事14歳になったのに・・・


白内障も軽い心臓弁膜症も肝障害も膵炎も進行はしてなかったし

断脚した悪性腫瘍も完治していたし

肺の状態もネブライザーのお陰でそんなに悪い状態ではなかったのに・・・


なのに・・・どうして・・・あんなにあっけなく・・・死んでしまったのか・・・

未だに納得ができないままです・・・



車の助手席で、こんな愛くるしい顔で私を見つめてくれてたパオ


ブログの中ではパオはまだ生きつづけています・・・


ひろば ブログ村     
スポンサーサイト