スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆パオがいた 輝かしかった14年間☆


パオがいた丸14年間という年月は

わたしの人生の中でいちばん輝いていた年月だったと思います。



パオが家族になった1999年10月12日

そのころはパグが4匹とシーズーが1匹。

娘たちも家にいて、わたしも仕事が忙しい時期でした。



すごくやんちゃだったけど、場所をわきまえて大人しく出来たので

事務所やいろいろなところへ連れて行くようになりました。

2001年の秋に長女が、2003年に二女が結婚。

2003年8月に二女の長女 M 子が誕生。

その年の11月にパグのプーが16歳7カ月で永眠。

翌年2004年4月にシーズーのムクが16歳で永眠。


毎年のように何か大きな出来事がありました。

その間、パオは皮膚のトラブルと分離性嘔吐症以外は

病気ひとつせずに元気いっぱいで、いつもわたしのそばにいました。



2002年4月ごろ パオ3歳8カ月



一緒に過ごすのが当たり前だった輝かしかった日々。


2006年に わたしが仕事を辞めてからは

パオと一緒に行ける場所を開拓し、出来るだけ一緒に出かけるようにしました。




2006年8月 パオにとって初めての軽井沢

このあと何回、パオと軽井沢に行ったことか・・・



パオ
旅行にも度々行くようになりました。

初めての伊勢・鳥羽旅行

伊勢・鳥羽にも何回も旅行に行ったことか・・・



2008年1月から葵が家族となり

その数カ月後の5月に黒パグのノアが10歳2カ月で永眠。


CIMG0047.jpg
2008年夏からブログを始め

2009年1月に母が86歳で永眠。 

翌月の2月に黒パグのベティが14歳9カ月で永眠。

3月に長女の長男 N 君が誕生。

2010年11月にパグのみゅうみゅうが12歳8カ月で永眠。


パオ・葵・ doux
2011年3月に doux が家族となりました。


こうして振り返ると14年間は長い年月でした・・・

その間に 娘たちが結婚し、孫が生まれ・・・

5匹の犬たちが永眠し、葵と doux が来て・・・

わたしは仕事を辞め・・・

実にいろんなことがありました・・・


パオ・葵・ doux
2013年10月12日 最後となった パオ・葵・ doux の写真 



パオがいた14年間には たくさんの思い出があり・・・

そのほとんどが 楽しい思い出でした・・・

輝いていた パオと過ごした14年間・・・

この幸せだった日々を わたしは決して忘れない・・・

この幸せだった 輝かしかった 思い出を胸に これからは生きてゆくしかない・・・



ひろば ブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。