スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆たったひとりで死んでいったパオとノア☆


パオがいづれ死ぬことは分かっていましたが

最期はわたしが看取ってあげられると信じていました。

それにたぶん老衰で眠るような最期だろうと・・・

2011年8月6日のパオ

パオは多くの手術や病気になったけど

すべてを乗り越えてきた運の強い子だったので

まさか・・・あんなことで死ぬなんて・・・

2012年8月6日のパオ

手術や病気で重体のときしか入院しなかったパオ・・・

断脚術のとき2日とウィルス性感染症のとき2日半・・・

これ以外の手術はすべて日帰りで家で安静にさせた・・・

なのに・・・重症でもなかったのに・・・

あの日・・・どうして・・・入院させてしまったのか・・・

そのことが今でもわたしを苦しめつづけるのです・・・

2012年8月6日のパオ

あの日・・・連れてさえ帰ってたら・・・

今もパオは元気だったと・・・思えて仕方がないのです・・・

それだけが・・・未だに悔まれて・・・心が痛みます・・・



6年前の5月22日に死んだノア

ノアもまさかあんなことで死ぬなんて・・・

歯槽膿漏の手術の前に心肺停止になり・・・

ノア

ほんとうは一週間前の予定だったが、私用で病院へ連れて行けなかったので

一週間後に変更したのですが、その一週間の間に

手術はやめようか・・・と何回か思ったのです・・・

手術さえやめていれば・・・ノアはあのとき死ななかった・・・

今も元気だったかもしれない・・・生きてれば・・・16歳半・・・

プーが生きた年月に近いから・・・生きてた可能性はある・・・


ノアとパオ

ノアとパオはすごく仲がよかった・・・

ノアはパオと同じように大人しく利口だった・・・

そんなノアとパオが同じように・・・

死ななくてもいい理由で・・・病院で・・・わたしや家族に看取られずに・・・

たったひとりで死んでいったなんて・・・

いくら考えても・・・ほんとうに・・・可哀想すぎる・・・


ひろば ブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。