☆パオさえいれば・・・☆


パオとの永遠の別れとなった あの日・・・

2013年10月13日の日曜日から・・・

112回目の日曜日・・・

未だに 悔やまれる あの日・・・

酸素室のパオの表情を思い出すと・・・

今でも 涙があふれてくる・・・

一緒に帰りたそうにしてたパオ・・・

何かを訴えるような パオの目・・・

きっと・・・

ひとりぽっちにしないで・・・

最期はそばにいて・・・

そんなことを訴えてたと思えてならない・・・

パオ
パオさえいれば・・・

たとえ・・・狭いボロアパートでも・・・

病気や怪我が絶え間なくとも・・・

美味しいものが食べれなくても・・・

パオさえいれば・・・どんなことにも耐えられる・・・

パオ
パオさえいれば・・・

寿命を削ってもいい・・・

パオが死んだあとに わたしも死にたい・・・

パオさえいれば・・・

もう何も望まない・・・


ひろば ブログ村
スポンサーサイト