fc2ブログ

☆冷たくなったパオを抱きしめて・・・☆


7年前、冷たくなったパオを病院で受け取り

泣きじゃくって、ブランケットに包んで温めてたのを思い出します。

温めても生き返らないことは百も承知だったけど

寒がりだったパオを温めずにはいられなかったのです。

家に帰っても、抱きしめつづけていたわたしでした。

パオ

空まま が 「 そっちへ行こうか? 」 と言ってくれたので

遠いことも忘れて、電話口でうなずいてしまったわたしでした。

その空ままから、パオにとお花が送られてきました。

空ままからのお花
ハロウィン仕様の素敵なお花です。

毎年、毎年、パオのことを忘れずにお花を送ってくださいます。

ほんとうに感謝です。ありがとうございます。

パオの祭壇
パオの祭壇に飾らせていただきました。

パオの祭壇は今はわたしの部屋にあります。


パオを火葬するのが嫌で、2日間以上抱きしめつづけていましたが

3日目に葬儀場に行きました。

のちに長女が 「 あのときのお母さんはほんとうに可哀想で

見てられなった・・・ 」 と言いましたが

みるみるうちに8キロほど痩せて、どこへも行けない状態でした。

焼肉江畑でのパオ
焼肉江畑へは6年行けなかったです・・・

ネイルサロンでのパオ
ネイルサロンへも数年?行けなかったし

カフェでのパオ
ネイルサロンに併設してるカフェには、行ったのですが

涙が止まらず・・・泣きながら帰ったことがありました・・・

そのネイルサロンとカフェのオーナーの K ちゃんと M ちゃんから

KちゃんとMちゃんからのお花
葵にとお花を届けてくださいました。 ありがとうございました。

お花がなくなってるころを見計らって持ってきてくださいました。

パオが生前、ほんとうにお世話になりました。

葵の祭壇
葵の祭壇に飾らせていただきました。

葵が多くの時間を過ごしたリビングに葵の祭壇はあります。


ときの経つのは、ほんとうに早いです・・・

ブログを始めたころのメンバー

パオの11歳の誕生日

ブログのタイトルのパオと葵がいなくなり・・・

ブログを始めてから3年後に doux がきて

その3年後にパ二が来ました。

doux とパ二

そして・・・この4月に娘がパグのもずくを飼い

もずく
賑やかにはなりましたが・・・



パオや葵やみゅうみゅう・・・ベティにノア・・・

古くはプーやペーやムク・・・

ほんとうにさみしいです・・・


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
最後に(ひろば)と(ブログ村)ポチッとしてくださると嬉しいです。
ひろば ブログ村

コメント

あの日は、電話を切ってすぐ新横浜へ
私も何が何だかわからないまま、京都へ向かったのを昨日のように思い出します。
今でもパオママの辛さが蘇ります。
お花で少しでも悲しみが癒されれば・・・

Re: タイトルなし

空ままへ。
ほんとうにあの時は何も考えずにうなずいてしまいました。
遠いことも忘れて・・・今から思うと申し訳なかったと反省しています。
でも嬉しかったです。
空ちゃんが夜中に窓の外を見てた。というのも感動でした。
きっとパオは空ちゃんにお礼とお別れにいったんですよね?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する