fc2ブログ

抗がん剤をすることに


今日15時半に  ニューロベッツ の中本先生に相談しました。

先生は、葵のとき、放射線治療をしても寿命と同じかもしれない。と。

実際に葵と同時期に脳腫瘍になった同じ年のフレブルは

放射線治療→手術→再び放射線治療をしても

葵より2か月長生きだったにすぎなかったのです。

パ二のときは、このグリオーマは放射線治療がよく効くと思う。と。

実際にそうだったし、抗がん剤も効果があれば嬉しいことです。



パ二の腫瘍をグレープフルーツに例えると、中身(腫瘍部分)が

なくなり、皮だけが残ってるという感じらしいです。




左の→の黒い部分が腫瘍のあった場所で今は空洞で水が溜まってる。

右は 4/22 でまだ白い部分に腫瘍が残っていました。

左(7/20)の状態を 『消失』 というのか聞いてみたら

グリオーマの場合は、そういう風には言わない。とのこと。

『消失』 という場合は MRI でグリオーマだと診断したが

(組織を採取しないと言い切れないとのこと) リンパ腫だったりして

グリオーマじゃなかった場合に、『消失』 という言葉を使う。とのこと。




グリオーマは小さくはなるけど、完全には消えず

再発(小さくなった腫瘍が大きくなる)する可能性が高いので

抗がん剤(テモゾロミド)で再発を遅らせる。とのこと。




人間のグリオーマでは手術後や放射線治療後に

テモゾロミドを服用して、かなり成果が上がってるとのこと。

ただ、犬の場合はまだデーターがないとのこと。




抗がん剤治療をして、副作用があればやめればいいし

抗がん剤が合い、治療後1年間で再発しなければ

それ以降の再発の可能性はかなり低いとのこと。


パ二が今のまま元気で、少しでも長く、快適に過ごせるなら

再発するとしてもその時期を先延ばしに出来るなら。と考えて

明日から抗がん剤を服用することにします。




嘔吐が酷かったり、元気がなくなったり、白血球が減少しすぎたり

そんなことがあれば、すぐに服用を止めます。

抗がん剤が副作用がなく、効果がありますように祈ります。




今日も元気で無事に過ごせたことに感謝です。




今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。
最後に(ひろば)と(ブログ村)ポチッとしてくださると嬉しいです。
ひろば ブログ村

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する