☆現実に目をそむけないで!☆



前回の記事につづき、悲しい現実をお知らせします。

この間の4匹の犬たちは、ある悪質ブリーダーの放棄犬です。

(言葉を濁してましたが・・・)


3日に、この同じ悪質ブリーダーから、レスキューされた

フレンチブルドッグの仔犬がいます。

仔犬は4匹生まれたそうですが、1匹は死産?

残された3匹を保護し、病院に入院させましたが

その中の1匹は生後2カ月なのに700グラムしかなく

翌日、亡くなったそうです。

 
クリームの子 パイドの子
3日夕方撮影 クリームの子とパイドの子 2匹とも女の子

方耳黒い子・・・残念にも翌日亡くなった子
この子も女の子でしたが残念なことに翌日亡くなりました
 
 


母犬も状態が悪いので、引き渡すように言ったらしいのですが

ブリーダーが拒んだため、説得を重ね5日にレスキューされました。

母犬

母犬の診断名は

1 股関節形成不全及び大腿骨の骨盤にはまる部分が
    先天的に小さいため、脱臼や歩行困難をおこしやすい。

2 肺動脈弁狭窄症
  → 加齢もしくは先天的に肺動脈弁が狭くなってるため
     心臓に負担がかかる。経過観察が可能。

3 卵巣腫大
  → 妊娠後の影響が考えられる。

4 マラセチア外耳炎
  → 外耳にマラセチアという酵素が繁殖し、炎症やかゆみの原因になる。
     現在、点耳薬にて治療中


母犬

  


入院して2日経った仔犬2匹の診断名は

クリームの女の子
クリームの子

軽度の肺動脈弁狭窄症。母犬と同様に経過観察が可能。


パイドの女の子 
パイドの子

ケンネルコフ(犬の風邪)による副鼻腔炎及び肺炎
現在、抗生剤、気管支拡張剤の内服薬にて治療中

  
仔犬2匹に関しては、状態が改善し、落ちついてきてるので近日中に退院可能。

姉妹そろって・・・


今後、里親を探すことになります。

仔犬は里親が見つかる可能性が大きいです。



この悪質ブリーダーには、一時500匹くらいのさまざまな犬種がいたそうです。

現在は予測にすぎませんが、まだ100匹くらいはいるみたいです。

この寒い中、屋外にケージを置き、ひとつのケージに3~4匹押し込め

ご飯も3日に一度くらいしかあげないそうです。

今までにも、保護活動をしている方々が数十匹は保護していますが

命を落とした子も相当いるとのことです。


骨折したままのチワワや皮膚の爛れたトイプードルなど・・・

今も寒さと飢えに耐え、病気や怪我で苦しい思いをしてる子がいる現実。


私たち一人一人に出来ることはしれてるかも知れませんが

ただ可哀そう~と思ってるだけでは、何も始まりません。

一人一人が何かを感じて下さり、小さなことからでも

何かしなくければ!と思って頂ければ幸いです。



  『 犬もまたこの地球上に生きる一つのいのちである。

    しかも何千年来の人間の親しい友である。

    その親しいいのちへの想像力と共感を失うとき、

    人は人としてダメになってしまうにちがいない 』 
 

            青字は  中野幸次氏 「 ハラスのいた日々 」 からの 引用



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)