fc2ブログ

パニはどんな思いだったのか・・・



ブログをやめようと思っているのですが・・・

もう少し、パニのことをいろんな人に思い出してもらいたくて

こうして更新しつづけています・・・



抗がん剤服用時には食欲がなかったり、元気がなかったりしたものの

9月20日くらいまでは、散歩も行き、おもちゃでも遊び、走ったりと

元気だったパニでした・・・





本当に具合が悪かったのは約1か月ほどだったのでしょうか?

岐阜大学動物病院の医師は、毎日偏頭痛みたいだと思います。と

何か訴えるように、わたしを見ていたパニを思い出します・・・

何もしてあげることができなかったので、「パニ、どうしたん?」

「ガム食べる?」 と声をかけ、グリニーズをあげてました・・・





もしかしたら、「頭痛いんやけど・・・」「しんどいんやけど・・・」 と

わたしになんとかしてほしい。と訴えてたのかも知れません。

だんだん少しづつ具合が悪くなっていくなかで

パニはどんな思いでいたのかと、考えると、やり切れません。

どうして、グリオーマなんかになったのか、悔しくてなりません。





パニは何も悪いことしてないのに・・・神さまはいないと思います・・・

グリオーマさえならなければ、まだまだ元気で過ごせたはずなのに

神さまは何故?こんなに惨いことを・・・パニにしたのでしょうか・・・

最近は教会にも行く気にもならないのです・・・

信じていた神さまがあまりにも残酷だと思えるからです・・・




今日もお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

最後に(ひろば)と(ブログ村)ポチッとしてくださると嬉しいです。

ひろば ブログ村

コメント

可愛いパニちゃん  心よりお悔やみ申し上げます   飼い主様が心配でなりません
3年前にフレブル リンパ腫で亡くした者です、私と同じ気持ち 毎日毎日 心臓がえぐられる思いでした。 アニマルコミニュケーター横尾美香さんに 亡くなった子と話ししていただいてからは、その子と私しか知らない事を伝えてもらい もう涙がとまらなかったです。それを一生の宝物として今も頑張って生きています。余計なお世話で、申し訳ないです。私の心で今も生きています。

Re: タイトルなし

ジェームスさま

ご心配ありがとうございます。
哀しいことがあっても・・・生きていかなければならないのが現実です。

このやり切れなさが何年つづくのか・・・
なんとか頑張って毎日を過ごすようにします。

ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する