fc2ブログ

痛いほど気持ちが分かる


パニが永眠したちょうど1週間後に永眠した

ふくふく大福 の福ちゃん

お会いしたことはありませんが、同じ脳腫瘍グリオーマでした。

パニと違ったのは手術をなさったということ。

福ちゃんは男の子でしたが、同じクリームの可愛いお顔の福ちゃん。

大福ママさんの気持ちが痛いほど分かるのです・・・



(ちょうど一年前 11/17 朝7時過ぎにまだ寝てたパ二)


昨日 11/16 のブログに 

とりあえず手術はしたし、ちゃんと薬は飲んでるし

と安易に考えていました。 それが痛いくらいに分かったから

哀しくて、悔しくて、やり切れません。

福ちゃんとの幸せな日々を、自分から手放してしまったんだね。



(同じ日、一緒に出かけようと要求してたパ二)


全く 同じ気持ちなのです・・・

パニの場合、再発したと分かったのに、元気だったから

このまま来年1月の放射線治療まで、元気だろう・・・と

安易に考えていたのです。 もっと早くに元気なうちに

放射線治療をしなかったのか、悔やまれてならないのです・・・



(同じ日、宝ヶ池公園まで散歩に行ったパニ)


たくさんの人が、最善を尽くしたと言って慰めてくださいますが

そうじゃなかったと、分かった今、大福ママさんのように

哀しくて、悔しくて、やり切れないのです・・・

いづれ、お別れしないとならなかったけど、もっと先に出来たはず。

パニとの幸せな日々を、自ら 早く終わらせてしまった 愚かなわたし




大福ママさん、勝手にブログや文章を載せたことをお許しください。




今日もお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

最後に(ひろば)と(ブログ村)ポチッとしてくださると嬉しいです。

ひろば ブログ村

コメント

こんにちは😃 私も同じですよ、後悔ばかり 自分の行動が愛犬の死期を早めてしまったと、自分から愛犬を手放してしまった ずっと後悔してました。が愛犬は治療はしんどくなるから、嫌だったと。
パニちゃんも治療は嫌なのではなかったでしょうか  ご自分を責めないで下さい
パニちゃんが悲しみますよ、
ずっとそばにいますよ。
楽しかった事を 話ししたら、いいですよね。ちゃんと聞いてると思いますよ!

Re: タイトルなし

ジェームスさま

度々ありがとうございます。

治療が嫌だったのより、迷惑かけたくないと思って
健気に思ったのかも知れない・・・と思えます。

葵の脳腫瘍の世話を見てきたパニだったから
自分は迷惑かけたら、いけないと思ったのかも・・・

楽しいことだけを思い出そうとするには
もう少し時間がかかる気がします・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する