スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆同じ命なのに・・・☆



  今回、doux が4回も手術をしなければならなかったのには

  こんな理由からだと想像できます。


  doux はもといた悪質繁殖屋で生まれ、そのまま繁殖犬になったのか?

  そうでなくても、どこか違う悪質繁殖屋から買われたのか?

  パピーミルのオークションから買われたか?

  いずれにしても、ちゃんとしたブリーダーで生まれたとは考えられません。


  でなきゃ、あれほどの疾患をもってるはずがないです。


  まず、左右股関節の形成不全と両膝の膝蓋骨内方脱臼と肺動脈弁狭窄症は

  先天的としか考えられません。

  卵巣腫大は無理な繁殖によるもので、

  マラセチア外耳炎は不衛生な環境によるものと考えられます。


  文太部長のおかあはんの記事の 犬を安く買いたい? にも書いてあるように

  犬の繁殖には知識・事前勉強・そしてお金も手間暇もかかります。

  だから、良質なブリーダーの犬は値段が高くって当然なのです。 


  無知な悪質繁殖屋は、必要最低限の世話しかせず、ヒートの度に交配させ

  いわゆるパピーミルで犬を多く製造(この言葉は使いたくないのですが)

  なので、犬の値段は当然安いが、先天的な疾患のある犬が多いのです。



  doux がレスキューされたときの写真

 doux

  doux も先天的疾患を持った、悪質繁殖屋の犠牲になった子です。


  もし、このとき従姉妹の知り合いの A さんがレスキューしてなかったら

  doux はしばらくして死んでいたか?歩けなくなり保健所で殺処分されてたか?

  そう考えるとぞっとしますが・・・

  そのような運命で命をおとしていった子もたくさんいるだろうと思います。

  今もそんな命の危機にさらされてる子もたくさんいると思われます。


  
  その反面

 おやつを待つパオ

  喫茶店でおやつを当然のように待ってるパオや

 チャコちゃんのクッションに座る葵

  喫茶店の看板犬のチャコちゃんのクッションに平然と座ってる葵には



  doux のような環境は想像もできないだろうし

  家があって当然・食事もらえて当然・散歩やお出かけも当然

  夏は涼しい部屋・冬は暖かい部屋も当然・・・

  いろんなことが当然で、何不自由ない生活を送っています。

  

  同じ いのち なのに・・・

  かけがえのない いのち なのに・・・

  

  そんなことを考えると・・・

  今後も不幸な犬たちの いのち を 1匹でも多く救いたいと切に思います。



  お帰りの際に、ポチッとよろしくお願いします。

  ひろば     ブログ村



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。