☆里親募集のお願いとお礼☆


ひきつづき黒パグのウニちゃんの里親募集をしています。

黒パグ
左目の眼球がないからか、なかなか里親になろうかという方がいません。

あるブリーダーの繁殖犬で不要犬 ( この言葉は嫌いです ) になり

現在 Y さんが保護してますので、眼球がない経緯がわかりません。

何かで眼球突出したのが、そのまま放置されたのかもしれません。

ウニちゃんには何の罪もないことです。

片目でも生活に支障はないと思います。

とても性格のいい子で、可愛いウニちゃん!

ウニちゃんのこれからの犬生を穏やかに過ごさせてあげようと思われる方

またはご質問のある方は、メールフォームにメールください。

よろしくお願いします。



今年の1月に里親募集をしていた フレンチブルドッグのぶるちゃん

ぶるちゃん
N さんという方が里親になると申し出てくださり

日時を決める段階にまでなってたのですが

連絡は取れてたのですが、結局ご縁がないままでした。

ところが全く別の方が里親になられると決まり、来月の3日に避妊手術をしてから

来月の半ばに引き取られることになったと、Y さんから連絡がありました。

ぶるちゃん!よかったね!普通の家庭で幸せになるんだよ!


================================


3年間、飼い主がころころ変わり、どの飼い主からも可愛がってもらってなかった

今、必死に生きようと頑張ってるジャン君・・・

甲状腺の癌になったのも、最初の3年間の生活の酷さからかも知れません。

ワクチンもフィラリアも何もされないまま、虐待まで受けてたジャン君。

人間に蹴り上げられてたようで、胸の骨が陥没していて

フィラリアにもなっていて、心臓肥大で、心臓の中に寄生虫が12匹もいて

手術で取り除いて、優しい I さんご夫婦と幸せに暮らしていた

矢先の昨年11月に見つかった甲状腺の癌からの闘病生活。


今回、肝臓の中に転移していた癌が破裂したのも

もう少し破裂が酷いものだったら、即死だったようです。

血管まで巻き込んだ破裂だったので、出血も酷かったようです。

出血が止まったのも、たまたま腸にガスが溜まっていて

その膨らんだ腸が押し上げて出血が止まったそうです。

そう考えると、ジャン君は苦しい思いはしてるものの

何もかもが、不幸中の幸い ( この言葉が適切かわかりませんが・・・)

だったのかも知れません。


ただ・・・甲状腺の癌が再発していて、甲状腺がこれ以上腫れたら

呼吸の確保が難しいことと、肝臓の中の癌がまた破裂する恐れはあります。

まだまだ予断を許さない状態ではあります。


少しづつ何回かにわけて食事を食べて、体力をつけることが重要だそうです。

貧血もだいぶ良くなってるそうです。

ジャン君
写真は少し辛そうにも見えますね・・・

でも・・・思うんです・・・

ジャン君は今とっても幸せな時間を過ごしてるんだと・・・

ジャン君のためにお仕事も辞めて、一日中一緒にいられる幸せ!

病気で辛く苦しいときもあるけど、大好きな I さんといつも一緒なのですから!


肝臓の中の癌が破裂しても、命を取りとめたジャン君!

これは奇跡としか思えません!

もっともっとジャン君に奇跡が起きますように!


I さんご夫婦の優しく 力強い愛に包まれて

痛みや苦しさから 少しでも解放されて

穏やかな時間がゆっくりと流れますよう お祈りいたします。




ひろば    ブログ村
スポンサーサイト