☆想いは同じ・・・☆


パオ
6年前 2011年3月13日

doux を迎えに行った軽井沢からの帰りの SA のドッグランにて



パオ

パオ
上の2枚は5年前 2012年3月13日

散歩から帰って、散歩用の湯たんぽの上で眠るパオ・・・

猫みたに寒がりなパオは猫みたいに丸まって・・・


パオ

パオ

パオ

パオ

パオ
上の5枚は4年前 2013年3月13日

まさか!この7か月後にパオとの別れが待っていたなんて・・・

病院へ行った日の写真ですが、最後の写真の鼻水が出てたパオ・・・

毎日、ネブライザー療法をしてたパオ・・・

なのに・・・

初めての病院の獣医師の肺気腫という病名を信じた愚かなわたし・・・

このことが・・・未だにわたしを苦しめている・・・



今日、頼んでいた化粧品と共にきちままから


わたしの大好きなリーフパイと葵たちにおやつが送られてきました。

きちまま~ありがとうございました!

お手紙も入っていて・・・ここに一部を紹介させていただきます。

( きちままの了解は得ていますので )

前略     あの日から3年。

いつまでたっても えいきちのことでいっぱいで

たくさんの想い出は昨日のことの様です。

もう戻って来ないとわかっていますが、受け入れられません。

この気持ちは一生続くのでしょうね
。    後略


わたしと想いは同じです・・・

ただひとつ・・・きちままと違うのは・・・

たくさんの想い出が昨日のことのように思えないこと・・・

なぜか・・・わたしはパオとのたくさんの想い出が

遠い遠い昔のことのように思えてなりません。


いつまでも想いつづけ、戻って来ないことを受け入れたくなく

喪失の悲しみは死ぬまでつづくと思います・・・


きちままの気持ちが痛いほどわかります・・・

元気だったころの えいきち君の写真を載せて

えいきち君を偲びたいと思います・・・


えいきちくん

えいきち君

えいきちくん
えいきち君とパオ・・・

きっと・・・むこうで・・・仲良くしてることでしょう・・・



ひろば ブログ村

☆結局は・・・☆



7年前 2010年3月12日の写真

この中で今も元気なのは葵だけ・・・

葵の仲良しだった unico ちゃんも2年くらい前に亡くなった・・・


同じく 2010年3月12日

みゅうみゅうとパオが元気だったころは遠い遠い昔のこと・・・

 border=
同じく 2010年3月12日

こうして・・・いつまでも過去に囚われている・・・

パオのことばかり考えて・・・過去から抜け出せない・・・


パオと doux
6年前 2011年3月12日

doux と初めて会ったときの写真・・・

doux はこのとき、パオと葵、わたしのことをどう思ったのだろうか?


パオ
5年前 2012年3月12日

いつも一緒に行ってたブティックにて・・・

パオと doux
4年前 2013年3月12日

doux が来てから doux のお気に入りの場所に パオと doux

パオは doux に対しても優しい子だった・・・


ブログを再開して、ゆっくりと更新すると言っておきながら

結局、毎日更新しています・・・

それも相変わらずパオのことばかり・・・

パオはわたしのペットでもなく、犬でもなく、こどもでもなく・・・

パオはわたしと一心同体のかけがえのない存在・・・

しつこく・・・パオのことばかりなのをお許しください・・・


今日は昼間は春らしく暖かい日でした。

葵・ doux ・パ二の散歩は少し多めに行きました。


遊歩道からそれた山道を歩き


新宮神社の横を通リ、また遊歩道を歩いて一時間半くらいの散歩でした。


早咲きの桜が咲いていました。

春はもうすぐそこまできている気がしますね。



ひろば ブログ村

☆6年経った今思うこと☆



7年前 2010年3月11日

日向ぼっこしていた 今は亡き みゅうみゅうとパオ・・・

パオと葵
6年前 2011年3月11日

今はない白の皮のソファの上で・・・

doux を迎えに行く日の朝・・・


この日の午後に東日本大震災が起こった。

その日の20時前に京都を出発し、軽井沢へ doux を迎えに行った。

中央道は自衛隊の車が多かったのを覚えている。

佐久インターから先は通行止めになっていた。

すごいときに doux を迎えに行ったので

doux がきてからの年月はいつでもはっきり覚えている。


東日本大震災から丸6年・・・

復興の兆しは見えてるのだろうか・・・

未だに行方不明者が2553人、避難者12万3168人、

プレハブ仮設住宅入居者3万3854人・・・

遺族の方々の悲しみは決して消えない。と思う・・・


悲嘆、後悔、大切な人への思い・・・

それらを乗り越えて・・・

希望に向かって歩んでいけるように・・・祈ります・・・



5年前 2012年3月11日





パオ

パオ

パオ
上の5枚は4年前 2013年3月11日の写真



東日本大震災で愛する人を亡くされた遺族の方々の悲しみに比べたら

わたしが・・・パオのことで悲しんでいることなんて・・・

比べものにならないとは思うけど・・・

それでも・・・わたしは・・・パオに逢いたいと願い・・・

毎日 毎日 パオを偲びながらの生活を送っている・・・



心の痛み、喪失の悲しみに終わりはない。



ひろば ブログ村

☆果たして犬は過去の嫌なことを覚えてるのか?☆





上の2枚は7年前 2010年3月8日の写真

今は亡きみゅうみゅうとパオ・・・

病院へ行き、その帰りにメガネショップへ。

このメガネショップはパオが亡くなってから

一度も行けてないお店のひとつです・・・

パオ
5年前 2012年3月8日のパオ

下に湯たんぽ、洋服の上にホカロン、ブランケット3枚の重装備は

寒いときのパオの散歩の必須アイテムだったことが懐かしい・・・

パオ
4年前 2013年3月8日のパオ

車を乗り換えるためにトヨタへ行った日。

パオが乗った車は今の車が最後だから、車を乗り換える気がしない。




doux がレスキューされて早や6年。

4回の手術を終え、我が家に来たのが2011年3月14日。

doux を見ていると、マイペースだけどお利口ですごく可愛い。

レスキューされときの doux
初めて見た doux の写真は衝撃的でした。 2011年2月5日

頭の上はヨーチンだとばかり思っていましたが、金髪でした。

家に来て、2~3週間で金髪が消えたので

食事をろくにもらえなかったための、栄養失調だったのだと思いました。

ケージに閉じ込められてたため、特に後ろ足に筋肉がほぼなかった。

doux
初めて会ったときの doux 2011年3月12日

doux
家に来た日の doux 2011年3月14日


ご存じのように doux は繁殖犬でした。

今は行政から廃業に追い込まれた軽井沢のブリーダーにいました。

狭いケージに何頭かで閉じ込められ、繁殖させられていました。

叩かれたりしていたかは不明ですが

食事もろくすっぽ貰えず、汚いケージの中で、暖房や冷房もない

劣悪な環境にいた doux です。


そんな昔のことを doux は覚えているのでしょうか?


時々、 doux に聞くと、じぃ~とわたしの顔を見て聞いています。

「 もう~忘れたわぁ~忘れたほうがいいし~ 」 と言ってるようです。

主治医に聞いたら、そういう場面になれば思い出すかも?と。

もう今は劣悪な状態じゃないから思い出さないのかもしれません。

それに doux にとっては思い出さないほうが幸せですから。


doux
今は昼間は暖かい場所で寝てるし。 ( 夏は涼しい場所だし。)


散歩のとき、doux の嫌いなアスファルトの道はカートに乗せてるし。


朝晩のご飯はもちろんのこと、おやつだってもらえるし。



doux ~ 6年以上前の嫌なことは忘れて、 毎日 楽しく過ごそうね!



ひろば ブログ村

☆パオと doux ☆


パオ

パオ

パオと葵
上の3枚は6年前 2011年3月4日のパオ・葵

パオ・葵・ doux
5年前 2012年3月4日のパオ・葵・ doux


今日、夫が 「 doux が来て何年や? 」 と聞きました。

「 もうすぐ6年 」 と答えると

「 早いなぁ~ doux が来たときパオいたかいな? 」 と

ものすごく ぼけたことを言いました。

パオと doux は2年7か月、一緒にいました。



上の3枚の写真は doux がまだ来てなかったときの写真で

いちばん下の写真は doux が来てからの写真。



今日みたいな暖かい日はガスファンヒーターより

日向ぼっこが気持ちよさそう~!


明日はもっと暖かくなるそうです!



ひろば ブログ村